尖閣喪失寸前「正論」2020年9月号

送料無料にてご自宅へお届け!

尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺で中国当局の船が確認されたのは100日連続を超え、更新し続けています。「日本は、受け身状態から脱しなければならない」というインド政策研究センター教授のブラーマ・チェラニー氏。漁業が解禁され、大量の漁船団が海洋侵略の先兵として出漁する8月が危ないとする山田吉彦氏。日中中間線が約90キロ沖に迫る恐怖を訴える石垣市長の中山義隆氏。さまざまなアングルから尖閣問題に迫ります。

内容

月刊「正論」2020年9月号(2020年7月31日発売)

価格

定価900円(本体818円+税)※送料無料

支払方法

クレジットカード支払い

お届けについて

お申込み後、1週間以内に発送いたします。
※新型コロナウイルスの影響等により配送が遅れる場合があります。
※キャンセルについて お客様のご都合による返品や交換は受け付けておりません。

発行

産経新聞社

お問い合わせ

正論調査室
メールアドレス:seironhanbai@sankei.co.jp

正論 最新号:2020年9月号 (2020年7月31日発売) 紙版の目次

【大特集 尖閣喪失寸前】
日本は「受け身」やめよ インド政策研究センター教授 ブラーマ・チェラニー
東シナ海は8月が危ない 東海大学教授 山田吉彦
迫ってくる日中中間線 石垣市長 中山義隆
米FBI長官が明かす  中国の経済スパイ活動 訳・本誌編集部
中国共産党は諸悪の根源だ 作家・ジャーナリスト 門田隆将×評論家 石 平
五つの火薬庫と五発の爆弾  チャイナ監視台  産経新聞台北支局長 矢板明夫
反中になりきれないインドの事情 国際基督教大学上級准教授 近藤正規

何があったかお話しします  札幌国際大学教授(係争中) 大月隆寛

【特集 「イージス・アショア」断念の背景と今後】
自国を守る国に変わる好機到来 元陸上幕僚長 岩田清文
太平洋での軍事衝突も 海上防衛強化せよ 元海上幕僚長、三波工業株式会社特別顧問 武居智久
改めて訴える「防衛的防衛」 防衛大学校教授 神谷万丈
日米「盾と矛」の役割見直しを
衆院議員 長島昭久

【特集 ポスト安倍を直撃】
総理になれるかは天命 元自民党幹事長 石破 茂
情熱が足りない?覚悟はありますよ 自民党政調会長 岸田文雄

【特集 米国で起きている潮流】
ポリコレに蝕まれる米軍 麗澤大学准教授 ジェイソン・モーガン
大統領選は「文化戦争」に 慶応義塾大学教授 渡辺 靖
トランプ再選阻止のうごめきに注意  アメリカの深層特別版 福井県立大学教授 島田洋一
【特集 メディアのココがダメでしょ】
中国「臓器移植」が美談? 評論家 三浦小太郎
主義主張と願望を込めた捏造報道 元海上保安官 一色正春
報道機関なのに事実を伝えない 評論家 八幡和郎
〝上から目線〟〝誘導質問〟民意測れない世論調査 政策シンクタンク代表 原 英史
「ヘイト認定」が暴走 フジ住宅訴訟判決を解説 産経新聞大阪正論調査室長 小島新一
▼終戦から75年
孫の世代が果たす祖父からの〝宿題〟 登山家 野口 健 ノンフィクション作家 早坂 隆
今こそ先人たちを「顕彰」しよう 大阪観光大学国際交流学部講師 久野 潤

【好評連載!】
<話の肖像画>台湾と歩んだわが人生㊦ 元台湾総統 陳水扁/聞き手 矢板明夫
短期集中連載緊急シミュレーション小説 202X年日本黙示録 OKI(隠岐)を奪還せよ
最終回  壮大な実験 作家 杉山隆男
昭和の大戦とあの東京裁判 ―同時代を生きた比較史家が振り返る― 第7回 複眼で見る歴史
東京大学名誉教授 平川弘

【グラビア】
巻頭カラー 皇室歳時記 信任状捧呈式 再開
文字のふるさと  瀧野喜星
不肖・宮嶋の現場 はるばる来たぜ木更津へ
業田良家 それ行け!天安悶
西原理恵子 ぬるま湯正論
文人論客 壷中之天  岡倉天心「日暮里 羽二重団子本店」/取材・構成 将口泰浩
巻頭コラム 激流世界を読む 田久保忠衛
フロント・アベニュー 麗澤大学教授 八木秀次
フィフィの本音 タレント フィフィ
政界なんだかなあ 産経新聞政治部編集委員兼論説委員 阿比留瑠比
経済快快 産経新聞特別記者 田村秀男
君は日本を誇れるか 作家 竹田恒泰
SEIRON時評 評論家 江崎道朗
朝鮮半島藪睨み 産経新聞編集委員 國學院大學客員教授 久保田るり子
シリーズ対談 日本が好き! 特攻隊を思い精一杯演じます 女優 島村明日果 /ジャーナリスト 井上和彦
シネマ異聞 そこまで言う? 読売テレビ・チーフプロデューサー 結城豊弘
読書の時間 潮匡人/桑原聡のこの本を見よ
読者のプロムナード
編集者へ・編集者から
メディア裏通信簿
折節の記
操舵室から