日本は覚悟示せ「正論」2020年10月号

送料無料にてご自宅へお届け!

 安倍晋三首相が辞意を表明したことで次期首相に誰が選ばれるのか注目を集めています。7年8カ月に及んだ長期政権で残した多くの政治的遺産のうち、特に外交面では、辞意に対して各国首脳から送られた称賛と感謝の言葉を見れば、日本の存在感を高めたことに異論はないでしょう。しかし、ポンぺオ米国務長官の演説で米中対立は新たな段階に入っており、日本を取り巻く国際情勢は予断を許さない状況です。日本の立場を明確に認識するべく、「正論」10月号では米中熾烈と題して特集を組みました。今月も充実の論考をお楽しみください。

内容

月刊「正論」2020年10月号(2020年9月1日発売)

価格

定価900円(本体818円+税)※送料無料

支払方法

クレジットカード支払い

お届けについて

お申込み後、1週間以内に発送いたします。
※新型コロナウイルスの影響等により配送が遅れる場合があります。
※キャンセルについて お客様のご都合による返品や交換は受け付けておりません。

発行

産経新聞社

お問い合わせ

正論調査室
メールアドレス:seironhanbai@sankei.co.jp

正論 最新号:2020年10月号 (2020年9月1日発売) 紙版の目次

【特集 米中熾烈】
ドイツの轍を踏むべからず<連載特別版>杏林大学名誉教授 田久保忠衛
自由主義団結で中国に勝利できる 前内閣官房副長官補・同志社大学特別客員教授 兼原信克
日本の「八方美人」もう許されない 評論家 石 平
日本で伝えられない米国の対中軍事戦略 麗澤大学特別教授・産経新聞ワシントン駐在客員特派員 古森義久
「習氏は破綻した全体主義思想の信奉者」 米国務長官の対中政策演説抄訳 本誌編集部

【特集 中国の人権弾圧】
かくして香港は殺される 評論家 宮崎正弘
ウイグル問題に黙するイスラム諸国の事情 イスラム思想研究者 飯山 陽
チベットで続く「文化大革命」 拓殖大学国際日本文化研究所教授 ペマ・ギャルポ/評論家 三浦小太郎
モンゴル語が抹殺される 静岡大学教授 楊海英

【特集 いま日本がやるべきこと】
中国「国防7校」の留学生受け入れ見直せ  株式会社アシスト社長 平井宏治
自衛隊衛生は有事に隊員の命を救えるか? 日本医科大学教授 松本 尚
待ったなしの緊急事態条項 国士舘大学特任教授 百地 章
対米依存の憲法解釈をやめる 評論家 江崎道朗
財政緊縮主義こそ最大の災害 上武大学教授 田中秀臣
緊縮イデオロギー排せ 連載特別版 産経新聞特別記者 田村秀男
日本人はクジラを食べる必要がある! 農学博士 小泉武夫/映画監督 八木景子

【特集 「第二の慰安婦問題化」回避せよ】
事実軽視、韓国重視 日韓メディアの欺瞞 一般財団法人「産業遺産国民会議」専務理事・産業遺産情報センター所長 加藤康子
元島民が証言する軍艦島の真実 韓国政府にある国際法守る責任 モラロジー研究所教授・麗澤大学客員教授 西岡 力

【特集 李登輝さんを偲ぶ】
朝日には理解できない日本精神伝承者の心 ジャーナリスト 櫻井よしこ
干天に慈雨の出会い 元産経新聞論説委員長 吉田信行
「中華民国」の克服に尽くした公人 日本李登輝友の会事務局長 柚原正敬
日本が作り上げた〝理想の日本人像〟 李登輝元総統秘書 早川友久
李登輝氏が果たし、遺したもの 産経新聞台北支局長 矢板明夫

▼できたら危ういバイデン米政権 産経新聞ワシントン支局長 黒瀬悦成
▼松木薫を忘れないでください 拉致被害者、松木薫さんの実姉 斎藤文代
▼北朝鮮向けラジオ放送「しおかぜ」 拉致被害者は聴いている  特定失踪者問題調査会副代表兼事務局長 村尾建兒

【好評連載!】
昭和の大戦とあの東京裁判 ―同時代を生きた比較史家が振り返る― 第8回 大東亜会議に集った指導者たち
東京大学名誉教授 平川祐弘

【グラビア】
巻頭カラー 皇室歳時記  戦後75年
文字のふるさと 瀧野喜星
不肖・宮嶋の現場 紫電改の最強伝説
業田良家 それ行け!天安悶
西原理恵子 ぬるま湯正論
文人論客 壷中之天  城山三郎「平塚 マリー・ルイーズ」/取材・構成 将口泰浩

フロント・アベニュー  麗澤大学教授 八木秀次
フィフィの本音  タレント フィフィ
政界なんだかなあ   産経新聞政治部編集委員兼論説委員 阿比留瑠比
君は日本を誇れるか  作家 竹田恒泰
SEIRON時評  評論家 江崎道朗
アメリカの深層 福井県立大学教授 島田洋一
朝鮮半島藪睨み  産経新聞編集委員・國學院大學客員教授 久保田るり子
シリーズ対談 日本が好き! 自国を卑下する人はお断り 俳優 長谷川初範 /ジャーナリスト 井上和彦
シネマ異聞 そこまで言う⁉  読売テレビ・チーフプロデューサー 結城豊弘
読書の時間 潮匡人/桑原聡のこの本を見よ
編集者へ・編集者から
メディア裏通信簿
折節の記
操舵室から