「私が考える 日本強靭化」土光杯2021 出場者募集!

第37回土光杯(どこうはい)全日本青年弁論大会
今大会のテーマ 私が考える 日本強靭(きょうじん)化

日時
論文締切 2020年11月11日(水)郵送:消印有効 メール添付送信:午後4時
場所
大手町サンケイプラザ(東京都千代田大手町1-7-2)


フジサンケイグループは、行政改革に大きな足跡を残した故土光敏夫臨時行政調査会長の「行革の実行には若い力が必要」との呼びかけに応じて1985年に「土光杯全日本学生弁論大会」(当時)を創設しました。受賞者の論文は産経新聞に掲載され、さらに最優秀賞土光杯受賞者の論文は月刊「正論」にも掲載されます。言葉と情熱で自分の可能性を切り開き、政界や財界、言論界などで活躍中の過去出場者に続いて自らの才能を発揮する若者をお待ちしております。

土光杯2021 大会テーマ 「私が考える 日本強靭(きょうじん)化」
 中国・武漢に発した新型コロナウイルスは、世界的大流行(パンデミック)を引き起こし、世界の多くの国が翻弄され、人々の生活はさまざまな対応を余儀なくされています。世界経済にも深刻な打撃を与え、米中対立は一層激しさを増しています。
 このような状況にあなたはどう立ち向かっていくのか。暮らしを強くしなやかにする強靱化(レジリエンス=跳ね返り、弾力性、復元力、回復力)について提言してください。防災・減災、教育、次世代育成支援、難民対応、食料確保、サイバーテロ、政治、外交、経済再建、文化交流、感染症対策など幅広い分野からの応募をお待ちしています。

日時

論文締切 2020年11月11日(水)郵送:消印有効 メール添付送信:午後4時

場所

大手町サンケイプラザ(東京都千代田大手町1-7-2)

お問い合わせ先

産業経済新聞社正論調査室
03-3275-8923(平日10時~18時)

必要事項を入力、送信後、事務局からのエントリー番号を通知するメールをもってエントリー完了とする。