ドレスデン国立古典絵画館所蔵
フェルメールと17世紀オランダ絵画展

2022年7月16日(土)~2022年9月25日(日)に大阪市立美術館で開催される「ドレスデン国立古典絵画館所蔵 フェルメールと17世紀オランダ絵画展」の入場券を販売しています。

初期の傑作《窓辺で手紙を読む女》を修復後、所蔵館以外で世界初公開!!
本展の注目作品である17世紀のオランダ絵画の巨匠ヨハネス・フェルメールの《窓辺で手紙を読む女》 は、窓から差し込む光の表現、室内で手紙を読む女性像など、フェルメールが自身のスタイルを確立したといわれる初期の傑作です。本作品は、1979年のⅩ線調査で壁面にキューピッドが描かれた画中画が塗り潰されていることが判明し、長年、その絵はフェルメール自身が消したと考えられてきました。しかし、2017年の調査により、フェルメール以外の人物により消されたことが新たに分かり、修復を決定。翌年に修復が開始されました。2019年5月には、キューピッドの画中画の上塗りがフェルメール以外の人物によって行われていたことが発表され、キューピッドが出現した修復途中の作品が、記者発表にて公開されました。

本展では、この修復過程を紹介する資料とともに、大規模な修復プロジェクトによってキューピッドが姿を現した《窓辺で手紙を読む女》の当初の姿を、所蔵館であるドレスデン国立古典絵画館のお披露目に次いで公開します。所蔵館以外では世界初公開となります。

また、ドレスデン国立古典絵画館が所蔵するレンブラント、メツー、ファン・ライスダールなど、17世紀オランダ絵画の黄金期を彩る珠玉の名品約70点もあわせてご紹介します。

               

展覧会名

ドレスデン国立古典絵画館所蔵 フェルメールと17世紀オランダ絵画展

会期

2022年7月16日(土)~2022年9月25日(日)

開館時間

9時30分~17時00分(最終入館は16時30分まで)。
※但し9月3、10、17、23、24日は19時00分まで開館(最終入館は18時30分まで)。

休館日

月曜日(7月18日、8月15日、9月19日は開館)、7月19日

会場

大阪市立美術館

アクセス

JR・Osaka Metro 天王寺駅、近鉄大阪阿部野橋駅下車、北西へ約400m

主催

大阪市立美術館、産経新聞社、関西テレビ放送

後援

ドイツ連邦共和国総領事館、大阪市教育委員会、堺市教育委員会、公益財団法人大阪観光局、山陰中央テレビジョン放送、岡山放送、テレビ新広島、テレビ愛媛、高知さんさんテレビ

特別協賛

アース製薬

協賛

大和ハウス工業、NISSHA

協力

ルフトハンザ カーゴ AG、ルフトハンザ ドイツ航空、ヤマト運輸

入場料(税込)

一般 2,100(1,900)円
高大生 1,500(1,300)円
※( )内は、前売および20名以上の団体料金。
※前売券は6月1日(水)10:00より7月15日(金)23:59まで販売予定。
※土日祝、8/12、8/15、9/20、9/21、9/22は予約優先制です。混雑時には入場をお待ちいただく場合がございます。
※中学生以下、障がい者手帳などをお持ちの方(介護者1名を含む)は無料(要証明)。
※本展は、大阪市内在住の65歳以上の方も一般料金が必要です。

販売期間

前売券 6月1日(水)~7月15日(金)
当日券 7月16日(土)~9月25日(日)

お支払い方法

クレジットカード決済

チケット発券方法

Famiパス(ファミリーマート)
チケットはファミリーマートでお受け取りになれます。チケット料金決済後に確認メールが送信されます。そちらに記載された情報を、ファミリーマートのFamiポートでご入力ください。スマートフォンをお持ちの場合は、QRコードをレジに提示するだけで、チケット発券ができます。
詳しくはこちら

公式ホームページ

https://www.ktv.jp/event/dresden-vermeer/

注意事項

・購入するには産経iDのログインが必要です。初めての方は「購入する」ボタンをクリック後、新規登録(無料)へお進みください。
・購入完了後のキャンセル、払い戻し、再発行等はお受けできませんので、ご了承ください。
・チケット1枚につき1人1回、会期中に限り有効です。
・主催者の都合により、イベントの内容の変更や中止となる場合があります。
・ご来場の際は公式ホームページに記載の注意事項もご確認ください。