ゴッホ展

人生を変えた2つの出会い

会期
2019年10月11日-2020年1月13日
会場
東京・上野の森美術館

強烈な色彩で人々を魅了し続ける画家、フィンセント・ファン・ゴッホ(1853-1890)。37年という短い人生のうち、画家として活動したのはわずか10年間にすぎません。その短い画業にもかかわらず、唯一無二の表現を獲得しえた背景には、大きな2つの出会いがありました。

27歳で画家として生きることを決意したファン・ゴッホをまず導いたのが、「ハーグ派」です。農村生活を静謐な筆致で描いた彼らから、ファン・ゴッホは画家としての基礎を学びました。これまでファン・ゴッホとの関わりの中で焦点を当てられる機会が少なかったハーグ派ですが、ファン・ゴッホの画業の中でとても重要な役割を果たしたのです。その後ファン・ゴッホはパリに出て「印象派」と出会い、躍動する色彩の虜となりました。

本展では、約40点のゴッホ作品に加え、マウフェやモネ、ルノワールなどハーグ派と印象派を代表する巨匠たちの作品約30点や、ファン・ゴッホが手紙の中で語った言葉を交えながら、独自の画風にたどり着くまでの過程を掘り下げて紹介します。ゴッホはいかにしてゴッホになったのか-。2つの出会いによって導かれた、短くも濃厚な10年間をご覧ください。

会期

2019年10月11日(金)~2020年1月13日(月・祝)
休館日:2019年12月31日(火)、2020年1月1日(水・祝)

会場

上野の森美術館(東京都台東区上野公園1-2)

開館時間

9:30~17:00 (※金・土曜日は20:00まで)
※入館は閉館の30分前まで

前売り料金

一般1,600円(当日1,800円)
大学・専門学校・高校生1,400円(当日1,600円)
中学・小学生800円(当日1,000円)
※前売り料金での販売は10月10日で終了します。
※小学生未満無料
※障がい者とその介護者1名は無料(入館の際に障がい者手帳などをご提示ください)。

発券方法

ファミリーマート(Famiパス)での発券となります。支払方法はクレジットカードまたはファミリーマートでのお支払が可能です。
クレジットカード決済の場合108円の発券手数料、ファミリーマートでのお支払の場合は210円の発券・収納手数料がかかります。

公式サイト

go-go-gogh.jp

主催

産経新聞社、BS日テレ、WOWOW、ソニー・ミュージックエンタテインメント、上野の森美術館

チケット購入には産経iDでのログインが必要です。初めての方は「購入する」をクリックした後、新規登録(無料)をお願いいたします。

おもな展示作品

フィンセント・ファン・ゴッホ
《疲れ果てて》
1881年9-10月、エッテン ペン、水彩・紙
P. & N. デ・ブール財団
© P. & N. de Boer Foundation

フィンセント・ファン・ゴッホ
《ジャガイモを食べる人々》
1885年4-5月、ニューネン
リトグラフ、インク・紙
ハーグ 美術館 © Kunstmuseum Den Haag

フィンセント・ファン・ゴッホ
《農婦の頭部》
1885年4月、ニューネン 油彩・カンヴァス
スコットランド・ナショナル・ギャラリー
© National Galleries of Scotland, photography by A Reeve

フィンセント・ファン・ゴッホ
《陶器と洋梨のある静物》
1885年9月、ニューネン
油彩・カンヴァス
ユトレヒト中央美術館
© Centraal Museum Utrecht/Ernst Moritz

フィンセント・ファン・ゴッホ
《タンギー爺さんの肖像》
1886-87年冬、パリ 油彩・カンヴァス
ニュ・カールスベア美術館
© Ny Carlsberg Glyptotek, Copenhagen Photo: Ole Haupt

フィンセント・ファン・ゴッホ
《アニエールのボワイエ・ダルジャンソン公園の入口》
1887年春、パリ 油彩・カンヴァス
イスラエル博物館
Photo © The Israel Museum, Jerusalem by Elie Posner

フィンセント・ファン・ゴッホ
《麦畑》
1888年6月、アルル 油彩・カンヴァス
P. & N. デ・ブール財団
© P. & N. de Boer Foundation

フィンセント・ファン・ゴッホ
《薔薇》
1890年5月、サン=レミ 油彩・カンヴァス
ワシントン・ナショナル・ギャラリー © National Gallery of Art, Washington Gift of Pamela Harriman in memory of W. Averell Harriman